忍者ブログ

自由だよ人生は

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

松浦亜弥主演舞台「すけだち」について。

時代劇役者とアクションヒロインを母星へ連れて行き助っ人として星を救うという話。この両者に共通するのは家庭不和。筧利夫の役は最後に息子に素晴らしき父の姿を命に変えて演じきるという何とも羨ましいくらいカッコイイ役である。松浦亜弥は鎖鎌戦士ザクザクムーンというありがちなヒロインなのだが、その裏の顔は母と自分を置いて消えていった父に恨みを持つ悲しいアイドルを演じる。


役と歌について。まず演技での台詞飛びがまったくなかった。昔の「あやや」はもうそこにはいない。プロとしての意識が高いからか発声や表情は完全になりきっている。すごい成長だ。
ハロプロコンサートを辞退して意気込んだ成果は確実にあったと思われる。また歌についても同様。聴かせる歌手になっていた。ハロプロの枠を超えたアイドルではなく歌手松浦亜弥がそこに居たと言うのが正しい感じだ。

しかし場所の問題があり、彼女を常に横顔でしか確認できていない。コマ劇場の特性で端の方は横顔が見れるだけ。その席がファンクラブチケットのS席(値段が多少高い)なのだが、感想としては一般席の方が良かったと思う。両サイドはS席にしないで欲しいところ。

横顔だけでも双眼鏡なく見れた点は良かったのだろうか疑問であるが、休憩時間に私服の斉藤瞳(メロン記念日)、稲葉貴子、前田有紀と遭遇。これがその日の良かった点第二弾だったのかもしれない。


以上

拍手

PR
<< 逆戻り?   HOME   10年記念隊 >>
[82]  [83]  [84]  [85]  [86]  [87]  [88]  [89]  [90]  [91]  [92
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
事故紹介
HN:
おっさん
性別:
男性
自己紹介:
アイドルヲタに近い存在だが反ヲタを目指す怪しいおっさんの不定期ブログ。アイドルに対して厳しく批判する事が多いので、ただアイドル好きを共感する目的で来た人は他へ行く事をお奨めします。
バーコード
ブログ内検索
参照数
Copyright 道楽人生 by おっさん All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]