忍者ブログ

自由だよ人生は

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年のハロープロジェクトについて所感を書く

ファンクラブの分割
分割によってより多くの資金調達によると思われる。
固定のファンより複数のアイドルに群がる形式を作った張本人である。コストパフォーマンスが悪くなり
実質客離れを起こしたと推測する。

ハロープロジェクト一本化
上記分割によってつんく氏の管轄外を明確にさせる意図もあるだろうと推測。
M-lineについては微妙だがメロン記念日と松浦亜弥はつんく氏による楽曲提供がほぼない。
つんく氏はハロープロジェクトのみに絞る、もしくはつんく氏に委託する範囲を狭めたと考えるのが正しい。

モーニング娘。の新規募集の凍結
主な原因はモーニング娘。もしくはハロープロジェクトが中心となる番組が無くなった事で
話題性を見出せなくなったこと。またオーディションに掛かる費用も事務所持ちとなるため、
方針転換してテレビオーディションは撤廃し、インターネット公募のみとなった。その結果
モーニング娘。はテレビでの公募が主流だった為簡単にエッグからの組み込みが出来ず
放置されている状態と見ている。
また卒業イベントがアリーナなどの大会場で行うほど人が集まらなくなった。
そして現メンバーの卒業は記事として大きく取り上げられる可能性がない。
メンバーを卒業させることでCDの売り上げに影響するのは間違いないため卒業が凍結されているようだ。
だが久住小春卒業を強行した背景はあるようだ。それについては後述。

つんく氏のソロプロデュース凍結
つんく氏によるソロプロデュースは藤本美貴で終了している。
一人に楽曲提供するよりユニットに提供するほうが利率が高い為。それだけだと思われる。

真野恵里菜のソロ
上記で書いた内容に反するようだが実態は違う。
つんく氏はプロデュースに関与していない。
一人での売り上げは上記で書いた通り出ないため本来ソロ選出すべきではないが、
事務所の悪いイメージ払拭と話題作りとしてはソロを出さざるを得ないことだと思われる。
また、ソロで売り上げが厳しい点をエッグを活動に加えることで世間の顔はソロ、内々の顔はユニットとなる。
つまり真野恵里菜は真のソロアイドルではない特殊なケースである。

久住小春の卒業
ソロにする損失が大きいのは前述の通りだが、久住小春の場合は大きな意味を持っていると当方は判断。
事務所がモデル、女優の路線を切り開いたところに埋める存在を必要としていたため。
つんく氏以外のプロデュースだったきらりんレボリューション成功に対するつんく氏の嫉妬。
つんく氏楽曲に対する久住小春の批判。
モデルの路線なら卒業させてもつんく氏の負担は起きない。
これらが卒業させる理由だろう。

キッズユニット梃入れ
キッズに関してはモーニング娘。のようなイメージで縛られることはないため、エッグからの加入も
当然あり得る。しかしBerryz工房は増員の必要はない状態。℃-uteは梅田えりか卒業で人数も
5人とさびしいものになる。だが本当に入れるだろうか?有原加入も話題にならなかったのだから
入れる効果は薄いと思われる。もし加入させるとなると一気に2人入れることが可能性として高い。
その理由は、つんく氏が偶数を嫌うからだ。
℃-uteに関しては新人賞とオリコン2位を取ったユニットであるが、Berryz工房との差別化が
徐々に薄れてきている。つんく氏がS/mileageに着手したことでユニットの消滅を引き起こす
可能性もあるだろう。
となると現メンバーはどうなるか?一部がモーニング娘。加入も視野に入れて支障ない。
℃-uteはモーニング娘。と同じザティマレーベルだから可能性は僅かながら考えられる。

Buono!のプロデューサーがつんく氏になる
Buono!はつんく氏の出し惜しみが招いたユニットだと思われる。つんく氏はバランスを考えて
ユニットを構成するが、見る側からすれば「なぜこの子が入っているのか?」という反感も招いている。
優れたものだけチョイスしたいのはやまやまだろうが、バランス重視の姿勢をとっているつんく氏
はこのBuono!の出現は完全に出し抜かれた結果だろうと思われる。また3人で青年会館を
埋めるだけの人気とCMでの知名度も考えれば、つんく氏がプロデュースしたもの以外が
売れている点は気分良くないだろう。そこで自身が手がけたイメージを出す為に引き取ったと思われる。
つんく氏はアニメ関連は基本的に嫌いみたいだ。Buono!もアニメの主題歌を歌っている。
本来その流れを引き取りたいと思うわけがない。これは久住小春のきらりんレボリューションも同様。

S/mileage
つんく氏のプロデュース力低下がはっきりわかる点としてエッグの抽出だろうと思われる。
有原栞菜、リンリンはつんく氏のプロデュース下でのエッグ卒業とユニット加入だ。しかし
真野恵里菜、吉川友、北原沙弥香、しゅごキャラエッグの4人はつんく氏によるものではない。
しゅごキャラエッグでエッグから大人数を選出されたことはつんく氏にとっても痛かったのでは
ないだろうか。そのため形あるものをプロデュースするとBuono!と同じになるため
しゅごキャラエッグの一人を変更したと思われる。この点を見るとハロープロジェクトの
進行を務める人物とつんく氏の隔たりが大きいのがわかる。
S/mileageはつんく氏の意地で強引に作られたユニットという見方が正しいだろう。
その為ユニットの方向性やカラーが今ひとつ魅力として伝わってこないのも事実だ。
だがS/mileageのメジャーデビューは確実。時期も真野恵里菜に対抗させて3月18日の可能性ありだ。


事務所進行役とプロデューサーの衝突
来年行われるハロープロジェクトコンサートが2つに分かれている。
そのひとつがハロープロジェクトの表看板であるモーニング娘。とBerryz工房、℃-ute、真野恵里菜だ。
もうひとつはユニット。こちらはつんく氏が完全に手がけたユニットの再構築である。
これを見ても事務所の体質とプロデュースとの違いを浮き彫りにしていると当方は思う。
前者にはつんく氏の関与していない真野恵里菜の名前が入っている。
自分が手をかけていない人物の脚本は書かないだろう。その為時期をずらして後者の公演を
行うことでつんく氏への配慮が行われたと当方は思っている。

エッグの今後
MilkyWayの吉川友、北原沙弥香の存在感は大きい。しかしつんく氏が自身の手がけてないユニットの
メンバーを扱う可能性はないだろう。吉川・北原は真野恵里菜とのセッションもしくはユニット化で
今後の活動が予想される。また関根、古峰もS/mileageからはずしたということは今後つんく氏側
でのデビューは皆無と考えられる。こちらも真野恵里菜とのユニット化が可能性としては高い。
つんく氏としては自身がプロデュースしたユニットを光らせる為になんだかの策を取ると予想している。
対象は真野恵里菜、吉川、北原、関根、古峰とS/mileageではないかと思われる。
その他のメンバーで今後つんく氏のプロデュースに関係してくる人物は
ユニットに組み込んだメンバーだろう。それ以外は放置すると考えられる。
形が作れない事務所の取った策は女優業への道を作ること。女優宣言舞台はそれの布石と思われる。


一気に書いたので忘れていることもある。
思い出したら追加する



以上

拍手

PR
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
事故紹介
HN:
おっさん
性別:
男性
自己紹介:
アイドルヲタに近い存在だが反ヲタを目指す怪しいおっさんの不定期ブログ。アイドルに対して厳しく批判する事が多いので、ただアイドル好きを共感する目的で来た人は他へ行く事をお奨めします。
バーコード
ブログ内検索
参照数
Copyright 道楽人生 by おっさん All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]